HOME > POLICY

POLICY

プライバシーポリシー

あしたの寺子屋 プライバシーポリシー

2020年12月16日

株式会社あしたの寺子屋は、お客様からお預かりする個人情報(以下「個人情報」といいます。)がお客様の大切な財産であることを強く認識し、個人情報の保護が事業活動における重要な社会的責務であると考えております。事業目的を達成させるために取り扱う個人情報の重要性を認識し、適切に保護するために次のとおりプライバシーポリシーを定め、このポリシーに従い、個人情報の収集、利用および提供等に関して、適正な管理を行います。

《個人情報保護方針》
◆個人情報の定義
第1条
本ポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報保護法第2条第1項により定義された個人情報を意味するものとします。

◆個人情報の収集、利用、提供および制限
第2条
個人情報は、目的の達成に必要な範囲内での収集に止めます。予め本人の同意を得た範囲内で利用および提供を行います。それには特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(以下、“目的外利用”という。)を行わないこと及びそのための措置を講じることを含みます。
業務の目的を遂行するために外部企業へ個人情報を委託する場合は守秘義務を取り交わすなど必要な措置を講じます。
業務提携により外部企業より個人情報を受託する場合は、契約に従い適切な管理体制を設置し、実施します。

第3条
当社は、以下の目的で会員の個人情報を利用することがあります。
1. 本サービスの提供および運営のため
2. 本サービスその他の当社が運営するサービスの広報活動のため
3. 会員へのお知らせや当社のサービスに関するご案内(利用規約の変更、サービス内容の変更等を含む)のため
4. 会員への本人確認、本人認証のため
5. お問い合わせへのご対応のため
6. 利用動向の調査、統計、分析のため
7. 新サービス、新機能の開発のため
8. システムの維持・改善、不具合対応のため
9. その他上記利用目的に付随する目的のため

第4条
当社は、個人情報保護法その他の法令により許容される場合を除き、会員の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。但し、次の場合はこの限りではありません。
1. 法令に基づく場合
2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、会員の同意を得ることが困難であるとき
3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、会員の同意を得ることが困難であるとき
4. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、会員の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第5条
当社は、前項の利用目的を、関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合には会員に通知又は公表します。

◆個人情報の管理
第6条
取得した個人情報を不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などを防止するための具体的ルールを定め、管理責任者を設置し、適切な管理を行うとともに、必要かつ適切な予防処置および安全対策を講じます。

◆個人情報に関する法令および規範の遵守
第7条
個人情報の取扱いにおいて、個人情報に関する法令、国が定める指針その他の個人情報に関する規範を遵守します。

◆個人情報保護マネージメントシステムの継続的改善
第8条
個人情報保護の向上のため、個人情報保護マネジメントシステムは継続的に見直し、改善します。

◆個人情報に関する問い合わせ、苦情など 第9条 当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ、苦情の連絡先については、下記のとおりとします。

株式会社あしたの寺子屋 個人情報保護管理者 嶋本勇介
e-mail:info@ashita-terakoya.org

《個人情報の取扱について》
株式会社あしたの寺子屋(以下、「当社」といいます。)では、お取り扱う個人情報について、本ポリシーに従い、細心の注意をもってお取扱いいたします。

1.取り扱う個人情報
当社は、以下の個人情報をお取り扱いいたします。
・当社寺子屋長参画面談(採用選考)にご応募いただいた方の個人情報
・各種セミナー、研修にお申込みいただいた方の個人情報
・上記のほか、Web、メール、FAX、電話、ハガキなどで、当社にお客様自らお問い合わせ、お申し込みいただいた方の個人情報

2.個人情報の利用目的
当社は、収集した個人情報を以下の範囲内での利用にとどめます。
・当社サービスのご契約確認、サービスのご提供、お支払いのご案内、サービス改善のためのアンケート調査のため
・あしたの寺子屋プラットフォームによる説明会のご案内、アンケート調査
・各種セミナーのお申し込みの確認、セミナーの受講、受講料のご請求、そのお支払いの確認、セミナー改善のためのアンケート調査のため
・新サービスなどをご案内するため

3.第三者への提供
当社が取り扱う個人情報は、以下の場合を除き、原則として、お客様の同意がない限り、第三者に提供いたしません。
・お客様本人の同意がある場合
・当社とお客様本人または他の第三者の生命、身体または財産の保護のために必要であることが、合理的に判断できる場合
・法律に基づき、開示を求められた場合
・商品、サービスの料金を決済(クレジット決済、コンビニ決済)する際、決済代行会社または、他の金融機関などとの間で個人情報を交換する場合(金融機関の口座番号の正当性やクレジットカードの有効性を確認するため)

4.個人情報の管理
取得した個人情報を不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などを防止するための具体的ルールを定め、管理責任者を設置し、適切な管理を行うとともに、必要かつ適切な予防処置および安全対策を講じます。
また、これらの事態が発生するリスクを察知した際には迅速な是正措置を講じる体制を構築・維持いたします。
当社の全社員について、個人情報の適正な管理に努めるため、社員教育を定期的に実施しております。

5.開示等の求めに応じる手続等に関する事項
当社では、保有個人データのご本人またはその代理人からの利用目的通知、開示、訂正および利用停止等の求め(以下「開示等の求め」といいます。)に対応いたします。
(a) 開示等の求めの申し出先
郵便送付先:
〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3-6 北海道新聞本社ビル 2F
株式会社 あしたの寺子屋
個人情報開示窓口担当

(b) 開示等の求めに際して提出していただく書類
開示等の求めを行う場合は、書面に以下事項をすべてご記入の上、本人確認のための書類(※)と一緒に申請してください。
・申請日
・申請者氏名、住所、連絡先電話番号
・印鑑
・開示を求める個人情報の内容

※本人確認のための書類
運転免許証(お手数でも本籍地の記載がある場合は、消してください。)
またはパスポートなどの公的書類のコピー 1通

(c) 代理人による開示等の求め 開示等の求めをする方が本人または未成年者または成年被後見人の法定代理人もしくは開示等の求めをすることについて本人が委託した代理人である場合は、前項の書類に 加えて、下記の書類を同封してください。

(イ)法定代理人の場合
・法定代理権があることを確認するための書類
(戸籍謄本、親権者の場合扶養家族が記入された保険証のコピーも可) 1通
・未成年または成年被後見人の法定代理人であることを確認するための書類
(法定代理人の運転免許証、パスポートなどの公的書類のコピー)1通

(ロ)委任による代理人の場合
・委任状(委任年月日/委任者の氏名・住所/受任者(代理人)の氏名・住所/押印)1通
・本人の印鑑証明書 1通

(d) 手数料およびその徴収方法
「利用目的通知の求め」および「開示の求め」につきましては、個人情報保護法第30条に基づき、手数料(請求1件ごとに1,000円)をいただきます。

郵便為替証書(定額小為替1,000円)をご用意願います。なお、印刷・コピー代、本人確認書類の取得費、郵送料等及び開示等の請求に要する諸経費は、すべてご本人負担とさせていただきますので、予めご了承ください。また、手数料が不足していた場合及び手数料が同封されていなかった場合は、その旨ご連絡申し上げますが、所定の期間内にお支払いがない場合は、請求に応じられません。

(e) 開示等の求めに対する回答方法
申請者の申請書面記載住所へ書面によって回答いたします。

(f) 開示等の求めに関して収集(取得)した個人情報の利用目的
開示等の求めにともない収集(取得)した個人情報は、開示等の求めに対応するために必要な範囲でのみ取り扱います。
提出いただいた書類は、開示等の求めに対する回答が終了した後、1年間保存し、その後廃棄させていただきます。

(g) 不開示事由について
以下 I. から VII.に該当する場合は、不開示とさせていただきます。不開示を決定した場合は、その旨理由を付記して通知いたします。
・申請書に記載されている住所、本人確認のための書類に記載されている住所、当社に登録されている住所が一致しないときなど本人が確認できない場合
・代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
・所定の申請書類に不備があった場合
・開示の求めの対象が開示対象個人情報に該当しない場合
・本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・当社の業務の適正な実施に著しい支障をおよぼすおそれがある場合
・他の法令に違反することとなる場合